2021年 基町高校進学 吉村君

吉村 拓真君

●中1の夏に中学生クラス指導コースに入塾。

●入塾後は学校の定期テストで5教科450点以上を何度も取る

●崇徳高校の特進コースに特待生で合格

●2021年広島県公立高校選抜Ⅱで基町高校に合格・進学

大江:まずは基町高校合格おめでとう!

吉村:ありがとうございます。

大:中1の夏から塾に来てくれたけど、どうして塾に入ろうと思ったのかな?

吉:勉強が不安だったので、学校の勉強が少しでも楽になればいいなと思っていました。中1の最初のテストで小学校とはちょっと違うなって感じていました。

大:基町高校はいつごろから目指していたのかな?

吉:本格的に決めたのは中3になってからです。舟入高校と迷っていたんですが、基町高校を目指していれば志望校を変えるのはいつでもできるということで、中1の頃からの進路調査ではずっと基町高校と書き続けていました。

大:そうか、ずっと基町という意識はあったんだね。最終的に基町高校にした決め手は何だったかな?

吉:選抜Ⅰを受験しようと思っていて、過去問を見てみたら舟入高校が難しくて、基町高校の方が自分にとっては書きやすいなと思って、選抜Ⅰは基町高校にしました。それで選抜Ⅰが終わった後にもう一度よく考えて、やっぱりはじめから目指していた基町高校にしようと思いました。

大:選抜Ⅰの話がでたけど、選抜Ⅰはかなり頑張って小論文も勉強していたようだけど、結果は残念だったね。そのときはどう感じていたのかな?

吉:選抜Ⅰは手ごたえはあったんですが、面接で少しうまくいかないところがあって、そっちも響いたのかなって思っていました。小論文は担任の先生が国語で中3からずっと見てくれていたのでしっかりかけました。

大:やっぱり基町高校は内申点も満点に近いような人ばかりだろうから少しの差で合否が決まってしまうんだろうね。ショックはなかった?

吉:倍率が2倍あったのでまあ仕方ないかなという気持ちでいました。

大:切り替えは割とできたんだね。塾に入って何か良かったことや役立ったことがあったら教えてください。

吉:やっぱり学校の定期テストの対策をしっかりしてもらえたのが大きかったです。塾の友達とも教えあって切磋琢磨できたのが財産になったと思っています。

大:確かに友達とはいい関係で授業後も遅くまで残って勉強していたりと、お互いにいい影響があったよね。では、受験勉強の中でよかった勉強方法があったら教えてください。

吉:早く継続的に取り組むことが大切だなと思いました。小論文でもそうでしたが、先を見越して取り組んで、単発的にではなく継続することで試験本番では落ち着いて解くことができました。あとは、すぐにあきらめないことです。

大:選抜Ⅱでは見事合格となったけど、試験中はどう感じていたかな?

吉:試験中はしっかり対策してきたのもあって、割と簡単な問題も多いなと思っていました。塾でやった直前予想問題みたいな問題も多くて、特に理科はそうだったので見慣れた問題だなと感じていました。

大:将来の夢ややりたいことがあったら教えてください。

吉:将来は教師になりたいです。学校や塾で、しんどいときも、自分も含めて生徒のことを考えていただいていたので、自分も教師になって生徒に信頼されるようになりたいです。

吉村君は入塾したときから自分に厳しく常に上昇志向を持っていた生徒でした。納得いかない点数を取ったときは人一倍悔しがっていた印象があります。一方で友達とは楽しく勉強をしながら良い影響を与える特長もあり、先生は天職になるのではないかと思います。吉村君の夢を陰ながら応援しています。

前の記事

2021年受験合格者