2021年 東京大学 文科二類進学 瀬尾さん

瀬尾 芽生さん

●小学4年生で入塾、中学受験コースで学ぶ
●中学受験を経てノートルダム清心中学校に進学
●中学校より英語を個別指導で学ぶ
●中3で英検2級を取得
●大学受験で東京大学文科2類へ合格

大江: まずは、東京大学合格おめでとうございます。

瀬尾: ありがとうございます。

大: 東大はいつから目指そうと思っていたのかな?

瀬: 高1の6月くらいからで、もともと理数系が得意だったので医学部を目指そうと思っていたのですが、医学部があまり自分に合ってない気がして、東京大学なら幅広く勉強ができると思って目指そうと思いました。

大: じゃあ、結構早い段階から目指していたんだね。小4から中学受験コースに入りましたが、入ったころはどんな風に感じていましたか?

瀬: 男の子が3人先に入っていて、すごいすごいと思っていてついていける気がしませんでした。でも、5年生になって友達もできてきて、授業も楽しく受けることができました。理科の先生の授業がとても楽しかったというのはずっと覚えています。

大: 小学生のころは算数が得意だったですが、それは中学・高校に行っても変わらなかったですか?

瀬: そうですね。でもやはり問題も難しくて苦労した時期もありました。

大: 得意な科目でもやはり難しい問題もたくさんあるよね。ノートルダム清心中学校・高校に進学してどうでしたか?

瀬: 楽しかったです。先生はすごくサポートしてくださり、自分の進路を応援してくださいました。キリスト教の習慣も違和感なく生活リズムに入ってきました。普段はあまりしないんですけど、入試のときはずっとお祈りしていました(笑)

大: 塾では中学校から個別指導で英語を学習してもらっていましたがそれについてはどうですか?

瀬: 先生がすごく英語のレベルが高くて、学校の先取りというか、もっと深いところまで学習できて英語は得意になりました。学校で英語に困ることはなかったです。中3で英検2級まで取得することができました。

大: 今まで勉強してきてよかった勉強方法などがあったら紹介してください。

瀬: まずは授業を大事にするようにしていました。そしてちゃんと授業の後に復習することです。英語はとくに長文でわからない文があったら1つ1つ確認して意味を考えるようにすることです。間違えたところはノートにまとめて間違い直しノートを作って試験前にもう一度やるようにしていました。

大: 将来の夢や、やりたいことはありますか。

瀬:まだないので、東京大学で幅広く学べるのでその中で見つけていきたいと思っています。

小学生のころから算数・理科が得意でテストも高得点を取っていた瀬尾さんは中学受験も一時は続けるかどうか悩んだ時期もあったそうです。N清心に進学後は現役で東京大学に合格するほどに成長されていました。翌日に東京に出発するという忙しい中インタビューを受けてくれました。今後も大学で学び、社会に出て瀬尾さんが大活躍することを期待しています。

受験コースの友達とあいさつに来てくれました!